スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2386 大合奏バンドブラザーズDX (任天堂 DS ROM LIST ロム リスト)

2386 大合奏バンドブラザーズDX (任天堂 DS ROM LIST ロム リスト)

大合奏バンドブラザーズの公式サイト


大合奏バンドブラザーズDXを youtubeで見る




大合奏バンドブラザーズDXを 楽天で見る





大合奏バンドブラザーズDXを amazonで見る





大合奏バンドブラザーズDXを wikipediaで見る

[編集] 概要
J-POPやクラシックなど幅の広い37曲が収録されている。また、最大8曲までスコアを自分で作成することができる。 約50種類の楽器の音で曲の演奏をすることができ、複数の人間がDS本体を持ち寄れば、セッション(合奏)することも可能である(ソフトは1本でよい)。 セッションは8人まで参加できる「採点プレイ」に加え、同時参加人数無制限の「大合奏プレイ」が楽しめる。

当作は、当初ゲームボーイカラー用ソフトとして1999年頃に企画されたのが始まりで、のちにプラットフォームをゲームボーイアドバンスに移し、ゲームボーイアドバンス専用ソフト「ゲームボーイミュージック」[1] として開発されて、2001年春の東京ゲームショウにも出品されていたが、ゲームボーイアドバンスのスペック上の問題(音質などのマシンスペックだけではなく、ボタンの数の少なさによる制約といった、ハードその物のスペックの問題もあった)から、ゲームボーイアドバンスでの発売は見送りとなった経緯があった[2]。


[編集] 演奏ルール
自分の選んだパート(楽器)以外は全て自動で演奏される。 これにあわせて、画面に表示されたとおりに各ボタンを押して楽器を演奏し、正しいボタンをより正確なタイミングで押すことで採点の点数を競う。また、音の長さの要素も取り入れており、伸ばす音はその時間の間初めに押したボタンを押し続けなければ、たとえ最初に押したタイミングが合っていてもミスになる(必要以上に長く押し続けた場合は特にミスにはならない。)。これをTAIL MISSという。 得点は、そのパートの合計音数に、1音ごとに、BEST=100%(50%)、GOOD=85%(35%)、BAD=65%(15%)、HEAD MISS=0%(ただしTAIL MISSの場合は( )の値になる)をかけて計算し、その合計%が得点になる。 ボタンの指定が無いところではどのボタンを押しても減点になることはなく、勝手なアドリブ演奏を入れて楽しむことも出来る(レコーディングではアドリブも残る)。

ボタンは、下、左、上、右、Y、B、A、Xの順で音が高くなり、一つの音階になっている。 Rボタンを同時に押せば1オクターブ高い音が、Lボタンを同時に押せば半音高い音が出る。 このため同じ音を出すためのボタンの押し方が複数存在することもあるが(例:XとR+下)、その場合どの押し方であっても正しいボタンを押したこととして採点される。 また、各種ドラムセットの場合、各ボタンは音程でなくそれぞれに打楽器が振り分けられる。

ただし上記の操作はプロモードのもので、ビギナーモードの場合は十字ボタンか右側のいずれかのボタンを押し分けるだけでよく、アマチュアモードの場合L、Rボタンと他ボタンとの同時押しは必要ない。 また曲のテンポも遅いものとなり(1.1倍にすればプロモードと同じテンポになる)、下画面をタッチするだけで演奏したことになる「お助けタッチ音符」も存在する。 最初はビギナーの状態から始まり、レコーディングモードで、3曲の演奏で一定の点数を取るとより難しい楽譜、モードを演奏できるようになる。


[編集] エディットモード
2種類あり、それぞれオリジナルの楽譜を作成することができる。詳細は以下の通り。

ハナウタde楽譜
DS本体のマイクに向かって鼻歌を歌い、メロディーを作成する。マイクの感度は3段階から選択可能。メロディー以外のパートは、喜・怒・哀・楽の4種類の伴奏イメージから選択することしかできない。
スコアメイク☆PRO
レベルがプロになると使用可能になる。五線譜に音符を置く方法で、全8パートの楽譜を作成できる。伴奏パートは自動生成も可能(パート4~8を消費する)。曲の途中で音色や音量を変更するといった、高度な打ち込みはできない。サンプルとして「だい9かんきのうた(歓喜の歌)」と「ひょうしょうしき(勝利を讃える歌)」が入っている。

[編集] 仕様
パート数は最大8(スコアメイク☆PRO)
楽譜は最長120小節
最小音符は16分音符
拍子は4/4のみ
三連符、タイ、転調、ト音記号とヘ音記号の選択ができる(スコアメイク☆PRO)
伴奏パートの自動生成に使うコードを指定できる(スコアメイク☆PRO)
BPMは30~300(ハナウタde楽譜では50~150)
音域は各パート高低差2オクターブ以内
保存可能な曲数は8(ハナウタde楽譜、スコアメイク☆PRO合計)

[編集] 収録曲
なお、(隠し曲)の表記は、特に注記がない限り、主に通信の採点プレイをすることによってもらえる。

J-POP
SEASONS(浜崎あゆみ)
Point of No Return  (CHEMISTRY)
名もなき詩 (Mr.children)
空も飛べるはず(スピッツ)
上海ハニー(ORANGE RANGE)
全部抱きしめて(KinKi Kids)
Choo Choo TRAIN(ZOO)
さくらんぼ(大塚愛)
恋愛レボリューション21(モーニング娘。)
Yeah! めっちゃホリディ(松浦亜弥)
ワールドミュージック
フォスターメドレー
クリスマスメドレー
ロシアンメドレー
チャイルドソングメドレー
聖者の行進
ワールドソングメドレー
Smoke On The Watar(Deep Purple)
エンターテイナー(映画・スティング)
TVミュージック
fragile(Every Little Thing フジテレビ系列「あいのり」主題歌 2000年10月-2001年9月)
暴れん坊将軍のテーマ(隠し曲)(ドラマ暴れん坊将軍 主題歌)
タッチ(岩崎良美 アニメ「タッチ」オープニング)
Gメン'75(隠し曲)(ドラマGメン'75 主題歌)
READY STEADY GO!(L'Arc〜en〜Ciel アニメ「鋼の錬金術師」 2ndOP) 
メリッサ (ポルノグラフィティ アニメ 「鋼の錬金術師」 初代OP)
Way of Difference(GLAY フジテレビ系列「あいのり」主題歌 2001年10月~2002年9月)
キラリ☆セーラードリーム!(弓原七海 美少女戦士セーラームーン (テレビドラマ) 主題歌)
特捜戦隊デカレンジャー(サイキックラバー 特撮『特捜戦隊デカレンジャー』 主題歌)
クラシック
スロークラシックメドレー
四季「春」
アスレチックメドレー
ゲームミュージック
ファイアーエムブレム
ゼルダの伝説メドレー
星のカービィメドレー
マリオメドレー
ファミコンミニメドレー
ポケットモンスターメドレー
F-ZEROメドレー
バーバラ・バットのテーマ(隠し曲、プロを全てクリアすると出現。通信プレイ時ではクリアしていなくてもプレイできる)

[編集] タイトル誤表記問題
このソフトおよびホームページ上の曲紹介では「READY STEADY GO」(原曲:L'Arc〜en〜Ciel)が「READY STEADY GO!」となるタイトル誤表記が発生し問題となっていた。原因はCDのジャケット表に書かれていたものに「!」が付いていたためと考えられる(ジャケット以外の部分では「!」無し)。 追加曲カートリッジ収録曲の原曲アーティスト名の中にも誤って表記されているものがある。


[編集] 追加曲カートリッジ
大合奏!バンドブラザーズ追加曲カートリッジ ジャンル 音楽ゲーム
対応機種 ニンテンドーDS[DS]
開発元 任天堂
発売元 任天堂
人数 1人~無制限
メディア GBAカセット
発売日 2005年9月26日
価格 2,800円(税込)
その他 オンライン限定販売
表・話・編・歴
公式サイトで行った「バーバラサマ キャンペーン」(~2005年8月1日)での楽曲リクエストで得票の多かった上位20曲+2曲が収録され、更に任天堂ゲームの楽曲も9曲収録されている。 任天堂ゲームの楽曲に関しては、ゲーム雑誌Nintendo DREAM編集部が制作協力している。 楽曲リクエストでの景品は、新たに数曲加えられたバンブラソフトが抽選で100名に、またリクエスト送信後応募者全員にこのゲームのデスクトップ壁紙(8種類)とエディット用楽譜データ(D-51のNO MORE CRYの各パート、アルトサックス、クラリネット、ストリングス、フォークギター、ビブラフォン、ピックベース、ボンゴセット、シンセドラムの8種類)が贈られるというものだった。また、リクエストは一人何回しても良く、運さえ良ければ8回のリクエストで全てのパートが揃った。

2005年8月22日に収録曲、発売日、価格を発表する予定となっていたが、ゲームボーイミクロ関連の仕事により遅れが生じ、発表は翌日に行われた。 そして2005年9月26日に発売されたが、購入できるのは同社ホームページ上でのオンライン販売のみとなっている。

なお、追加曲カートリッジの形状はゲームボーイアドバンス用のもので、DSのアドバンス用スロットに挿入するとメニュー画面で「DSオプションカートリッジ」と表示される。 カートリッジにはGAMEBOY ADVANCEの刻印があるが、ゲームボーイアドバンス、ゲームボーイアドバンスSP、ゲームボーイミクロに挿入しても起動しない。

また、配送業者の伝票に「大合唱!バンドブラザーズ 追加曲カートリッジ」と表記されるミスがあった。

元々このキャンペーンは当時実施していた「ホットサマーキャンペーン」が元ネタでこのキャンペーンを対抗するため実施していた。


[編集] 収録曲
リライト(ASIAN KUNG-Fu GENERATION)
ツバサ(アンダーグラフ)
SMILY(大塚愛)
Dragostea Din Tei(O-Zone)
お願い!セニョリータ(ORANGE RANGE)
花(ORANGE RANGE)
ラヴ・パレード(ORANGE RANGE)
さくら(ケツメイシ)
ここにしか咲かない花(コブクロ)
青いベンチ(サスケ)
月光花(Janne Da Arc)
全力少年(スキマスイッチ)
世界に一つだけの花(SMAP)
Starry Heavens(day after tomorrow)
天体観測(BUMP OF CHICKEN)
DAYS(FLOW)
ネオメロドラマティック(ポルノグラフィティ)
マツケンサンバ パート2(松平健)
ハッピー☆マテリアル(麻帆良学園中等部2-A)
栄光の架橋(ゆず)
あずさ2号(狩人)
日本ブレイク工業社歌(萬Z)
キャッチ!タッチ!ヨッシー! とことこヨッシー★
スーパーマリオ64 DS スライダー
さわるメイドインワリオ アシュリーのテーマ
ドンキーコングジャングルビートのテーマ
スターフォックス64 スターウルフのテーマ
ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 やまへのみち
どうぶつの森+ タイトルテーマ
ファミコン探偵倶楽部 あゆみのテーマ
ヨッシーアイランド アスレチック

[編集] 大合奏!バンドブラザーズDX
大合奏!バンドブラザーズDX ジャンル 音楽ゲーム
対応機種 ニンテンドーDS[DS]
開発元 任天堂
発売元 任天堂
人数 1人~8人
メディア 512MbitDSカード
8MiBバックアップフラッシュメモリ搭載
発売日 2008年6月26日
価格 4,800円(税込)
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
その他 ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
DS振動カートリッジ対応
表・話・編・歴
『大合奏!バンドブラザーズDX』(だいがっそう!バンドブラザーズデラックス)は、(追加曲カートリッジを除けば)およそ4年ぶりとなる続編である。2008年6月26日発売。


[編集] 前作からの変更点
ニンテンドーWi-Fiコネクションを利用して最大100曲まで新しい曲をダウンロードすることが可能。ただし、一度ダウンロードした曲は削除できない。これは任天堂とJASRACとの楽曲著作権料契約による制限である。初期段階で任天堂のサーバにある曲は200曲。
プレイヤーが入力した曲をWi-Fiコネクションを通じて任天堂のサーバーに投稿することができるようになった。審査を経て一定の水準を満たしていれば、ダウンロード可能曲に追加される。JASRACが管理する曲ならすべて投稿可能だが、JASRACが管理していても審査担当部署に比較用の資料が存在しないため受付不能と却下された曲もある。ユーザーオリジナル曲は審査不能のため投稿できない。
前作より大容量のフラッシュメモリを使用しているため、作曲機能で自作(もしくはワイヤレス通信で交換)した楽曲が最大100曲まで保存できるようになった。ひとつのカートリッジに収録できるのは初期収録曲30、ダウンロード曲100、自作曲100の最大230曲。
使用可能な楽器の数が58種類に増加。
曲に歌詞をつけることができるようになり、DSのマイクを使って歌うことができるようになった。歌声診断機能や鼻歌での検索など感度も良い。
ワイヤレス通信で、専用のWiiチャンネル『大合奏!バンドブラザーズDX専用 スピーカーチャンネル』と接続することにより、テレビのスピーカーから高音質かつ大音量でプレイすることができる。詳細は後述。
内蔵されている曲をラジオ感覚で楽しめる「ラジオ」モードが追加。Wi-Fiコネクションと接続していると、ダウンロードしていない任天堂のサーバにある曲も聴くことができる。
ギターに関しては、十字キーとタッチパネルを用いて演奏する方式になった。
演奏中の下画面から、リアルタイムのCOMBO数とCONDITIONの表示が消滅した(ただし、CONDITIONは下画面の観客の様子でおおよその判断ができる)。
得点表示画面からHEAD MISSとTAIL MISSの表示が消滅した。

[編集] 大合奏!バンドブラザーズDX専用 スピーカーチャンネル
『大合奏!バンドブラザーズDX専用 スピーカーチャンネル』とは、本作をWiiで演奏するためのWiiチャンネルである。最大8人まで接続が可能で、テレビのスピーカーからの高音質かつ大音量のサウンドで演奏することができる。また、採点等の情報もテレビ上に表示される。なお、スピーカーチャンネル単独では動作せず、演奏する人数分のDSと『大合奏!バンドブラザーズDX』のソフトが最低1本必要である。また、演奏はDSのみ可能でWiiリモコン等のWii用コントローラは使用できない。

このチャンネルは、ソフト同梱の紙に印刷されているパスワードを、『Wiiショッピングチャンネル』で入力することにより、ソフト1本につき1台のWiiにダウンロードすることができる。 2008年6月26日午前9:00よりWiiショッピングチャンネルで配信開始された。


[編集] 仕様
作曲
保存曲数:100曲
作曲機能を使って作った楽譜や「楽譜を交換」で手に入れた楽譜は、消去可能。
パート数:8パート
楽器数:58種類
小節数:最大120小節
調号最大:7個
コード楽器:あり
ピアノコード・ギターコードの2種類
オリジナルコード16個まで作成可能
1曲中1パートのみ使用可能
ドラムタイプ楽器:最大8パート
テンポ変更:1曲中30回まで(初期設定値を含めると31個)
全体音量指定:あり(0.5倍~1.5倍)
音量変更:1パートにつき9回まで(初期設定値を含めると10個)
ステレオ設定(パン):あり
オクターブ限度:1パートにつき2オクターブ音域,変化19回まで
楽器により4~5オクターブの範囲で音が出る。
楽器の音色調整:あり
エンベロープ
ビブラート
エフェクター。
リアルタイム入力:あり
鍵盤入力
ボタン入力
ハナウタ入力
歌詞入力:あり
拍子:4/4・3/4
曲間コピー:あり
伴奏自動生成
ジャンル:4拍子8種類、3拍子4種類
曲調:4種類
4拍子:
ロック
ボサノバ
ローポップス
ルンバ
ハイポップス
スウィング
サルサ
タンゴ
3拍子:
スローワルツ
ウィンナワルツ
ジャズワルツ
ミュゼット
曲調:
明るい
普通
暗い
ムーディー
前作自作曲データとの互換性:なし

[編集] 収録曲
未来予想図II
粉雪
ロビンソン
世界に一つだけの花
涙そうそう
運命交響曲
威風堂々
白鳥の湖 ロックver
交響曲第40番 第1楽章 タンゴver
展覧会の絵 ポップスver
新世界より 第4楽章 ロックver
くるみ割り人形より葦笛の踊り サルサver
エリーゼのために
シチリアーノ ビッグバンドver
別れの曲 ボサノバver
愛の夢 第3番 サンバver
ユーモレスク フォークver
美しく青きドナウ R&Bver
凱旋行進曲 ポップスver
フニクリ・フニクラ ロックver
オーラ・リー オルゴールver
春の海 モルダウ ジャズver
メヌエット(バッハ)
ます ファミコンver
夜想曲 第2番 バラードver
G線上のアリア ポップスver
トルコ行進曲(モーツァルト) タンゴver
アルルの女 ユーロビートver
悲愴 第2楽章 レゲエver
野ばらに寄す ボサノバver

[編集] 登場キャラクター
バーバラ・バット (BARBARA THE BAT) 声:新保友映(ニッポン放送アナウンサー)
楽器店「GBミュージック」の店長だがかなりのワガママ。店内にはスタジオがあり、プレイヤーは「GBミュージック」専属のバンドメンバーとなってレコーディングを行う。
スタッフが同じなため、DSソフト『えいご漬け』や『マジック大全』にもゲスト出演。更に『大乱闘スマッシュブラザーズX』においてタイトルが「バンブラ」と「スマブラ」で似てるという無茶苦茶な理由でアシストフィギュアという形で出演を果たした(公式ホームページ内の漫画ではそう言っているが、実際の登場経緯は不明)。ギターを掻き鳴らし音波で周囲に攻撃する。一応「隠しアシストフィギュア」として扱われているのだが、発売前のテレビCMの時点で既に登場していた。
ティンティン・バット (TING TIN THE BAT)
バーバラの弟。店を手伝っている。
ポッキン・デス (POCKIN' THE DEATH)
死神の赤ん坊。ゲームにはあまり出てこない。(通信エラーのときに出るぐらい)
?????
ハナウタde楽譜の曲調選択画面や、レコーディングクリア画面などに出てくる謎のキャラクター。
劇団「死期」と呼ばれているらしい。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。